2007年03月13日

約900の特定局が売却拒否=局舎買い取りが難航−郵政公社

約900の特定局が売却拒否=局舎買い取りが難航−郵政公社

 日本郵政公社は30日、経営合理化の一環として進めてきた特定郵便局の局舎買い取り交渉で、対象の約4割に当たる約900局で特定局長ら所有者が売却を拒否していることを明らかにした。現時点で売却に応じるのは約600局。公社職員の福利厚生事業を行う財団法人郵政福祉(東京)は、保有863局の売却に関し態度を保留している。
 拒否の理由は、買い上げ価格への不満など。関係者によると、全国特定郵便局長会(全特)が特定局長に慎重な対応を呼び掛けたことも影響しているという。公社は借り上げ局舎を自社所有に切り替えることで、民営化後の郵便局運営コスト削減や機動的な局配置見直しを可能にする計画だが、難航しそうだ。
 
3月13日17時1分配信 時事通信 ★日本初★経済的自由を勝ち取るための超実践的ガイドブック!
posted by ec at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。