2007年02月26日

1審有罪の出版社社長の控訴棄却 大阪高裁

◆『じぶんでつくる生命保険』をご存知ですか? ◆損保ジャパンDIY生命

 <中傷記事>1審有罪の出版社社長の控訴棄却 大阪高裁
2月26日12時28分配信 毎日新聞
阪神タイガースの元球団職員らを出版物などで中傷したとして名誉棄損罪に問われた出版社「鹿砦社」社長、松岡利康被告(55)の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。判決は「真実と信じる相当の理由や公益目的があったとは認められない」と述べ、懲役1年2月、執行猶予4年の1審判決を支持、被告の控訴を棄却した。
・多かったですね〜過去にこう言う名誉毀損は得に多かったのは海外では5流以下と謳われる文迎春絨とやら?!まっ日本じゃ損害賠償額も30万円だそうで後に小さく謝罪文を乗っければ済むそうですが、アメリカではこんなことしたら大変なことになるそうです。だって名誉毀損で勝訴すれば財産の三分の二は持っていかれるそうですからね〜因みにアメリカ国内の世論では(お金持ちに早くなりたければ会社組織を訴えることだ!)だそうです。そりゃそうでしょうよ、だってアメリカではこう云った裁判は略99%被害者が勝訴する例がほとんどだそうです。だから5A-1ランクに位置する企業は、そりゃ〜も〜信用が在るらしいですよ!!

posted by ec at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。